青森県内新型コロナウイルス感染急拡大の発端となった弘前市の飲食店「シャモン」クラスターで感染した50代会社員男性が10日までに取材に応じた。男性は仕事に復帰したものの、念のため外部との接触を避け、以前と比べて窮屈な生活を強いられているという。ただ、現段階で男性の周りに誹謗(ひぼう)中傷するような人は見当たらず「誰が悪いわけではなく、気をつけても交通事故に遭う可能性がゼロにならないのと同じ」とした上で「今後に生かすため、検証は必要」と指摘した。

東奥日報デジタルポートに入会されると記事全文がご覧になれます。