十和田市立新渡戸記念館をめぐり、同館元館長の新渡戸常憲氏と同館のボランティア団体の新渡戸富恵代表が、十和田市の小山田久市長に対し、建物の耐震性を独自に再調査する旨の申し入れ書を2日に提出したが、市側は訴訟を起こされていることを理由に受け取らなかったことが3日、市などへの取材で分かった。

東奥ウェブ読者くらぶに入会されると記事全文がご覧になれます。東奥ご愛読者限定サービス(ご購読者登録無料)