青森署は2日、青森市柳川2丁目の道路脇の側溝で同日朝、遺体で見つかった男性は、同市沖館の60代男性だったと発表した。  側溝には男性のものとみられる自転車が落ち、遺体に目立った外傷がなかったことから、同署は、男性が自転車で走行中に体調を崩し転落した可能性があるとみている。同署は3日、弘前大学で司法解剖し、死因を調べる方針。

東奥ウェブ読者くらぶに入会されると記事全文がご覧になれます。東奥ご愛読者限定サービス(ご購読者登録無料)