戦前型のねぶたを復元した竹浪さん(左)。「顔の面は当日のお楽しみ」と語る

 2017年度、病気休職した青森県の公立学校(小中高校など)の教員は81人で、このうち56.8%に当たる46人がうつ病などの精神疾患で休職したことが21日、分かった。県教委の和嶋延寿教育長が県議会一般質問で、横浜力議員(自民)の質問に答えた。

東奥ウェブ読者くらぶに入会されると記事全文がご覧になれます。東奥ご愛読者限定サービス(ご購読者登録無料)