土器や合掌土偶の顔など、縄文モチーフが描かれた是川中央公園の壁面
壁面のアートペイントの完成を祝って鏡開きを行う町内会メンバーら

 泉山岩次郎、斐次郎兄弟による青森県八戸市の是川遺跡発掘から100年となるのを記念し、同市の是川団地連合町内会などが進める「縄文アートプロジェクト」の一環で製作していた是川中央公園の壁面のアートペイントが完成した。3日、同公園でお披露目イベントを開き、壁面にかかっていた幕が外されると、訪れた市民らはカラフルな縄文ペイントに歓声を上げた。

ここから先は、東奥日報本紙の定期購読者しかご覧になれません。定期購読者の方は「東奥ウェブ読者くらぶ」に登録して下さい。登録は「東奥日報デジタルポート」から