無病息災を願い、一緒に茅の輪をくぐる夫婦

 八戸市廿六日町の神明宮で1日未明、今年前半のけがれをはらい、今後の無病息災を祈る「茅(ち)の輪くぐり」が行われ、大勢の家族連れやカップルらが、茅(かや)でつくった直径約2メートルの輪をくぐった。

東奥ウェブ読者くらぶに入会されると記事全文がご覧になれます。東奥ご愛読者限定サービス(ご購読者登録無料)