通行人にチラシを渡して特殊詐欺への注意を呼び掛ける警察官=1日、青森市の青森駅前

 特殊詐欺をめぐり、県内で家族や金融機関の職員らが詐欺に遭いかけた人を説得するなどして、被害を未然に防いだ件数が6月までの半年間で39件、計約4500万円分に上ることが1日、県警生活安全企画課のまとめで分かった。昨年同期の未然防止は16件だった。県警は同日から「だまされないぞ!青森県作戦」を開始。山本和毅本部長を先頭に15日間、被害防止のための施策を集中的に展開する。

東奥ウェブ読者くらぶに入会されると記事全文がご覧になれます。東奥ご愛読者限定サービス(ご購読者登録無料)