かかしを協力しながら作る児童と車力通信所の軍人

 青森県つがる市の車力体育センターで21日、東北防衛局主催の「かかし作り交流プロジェクト」が開かれ、車力小(藤田敏幸校長)の児童と米陸軍車力通信所の軍人が協力しながら、藁(わら)を使ったかかし作りに取り組んだ。

東奥ウェブ読者くらぶに入会されると記事全文がご覧になれます。東奥ご愛読者限定サービス(ご購読者登録無料)