泉紫峰さん(手前)らの指導であでやかな動きを学ぶ参加者たち

 青森県八戸市の夏を彩る「八戸小唄流し踊り」(東奥日報社主催、7月13日)に参加する市民向けの踊り講習会が21日、同市の八戸ポータルミュージアムはっち「はっちひろば」で始まった。泉流日本舞踊紫峰会の泉紫峰さんと泉彩菜さんが講師を務め、約50人の市民は本番へ向けあでやかな手足の動きなどを熱心に学んだ。

東奥ウェブ読者くらぶに入会されると記事全文がご覧になれます。東奥ご愛読者限定サービス(ご購読者登録無料)