会見でプルトニウムの保有などについて述べた齋藤支店長=21日、青森市

 東北電力の齋藤光春青森支店長は21日、青森市の同社青森営業所で定例会見を開いた。国の原子力委員会が日本のプルトニウム保有量削減に向けて新たな指針を検討しているとの報道に関し、齋藤支店長は東北電が保有するプルトニウムは「約1トン」とし「計画的なプルトニウム利用ということで、プルサーマル計画に取り組んでいる」と述べた。

東奥ウェブ読者くらぶに入会されると記事全文がご覧になれます。東奥ご愛読者限定サービス(ご購読者登録無料)