閉校式典で「別れの言葉」を述べる奥戸中の生徒たち

 本年度末で閉校する青森県大間町の奥戸中学校(祐川達也校長)は10月31日、同校体育館で閉校記念式典を開いた。全校生徒23人と、保護者や住民ら約120人が参加。学びやでの思い出を振り返りながら、奥戸の精神を絶やさぬことを誓った。

ここから先は、東奥日報本紙の定期購読者しかご覧になれません。定期購読者の方は「東奥ウェブ読者くらぶ」に登録して下さい。登録は「東奥日報デジタルポート」から