米ニューヨークのブルックリンで、大統領選の期日前投票のために距離をとりながら傘を差して列をつくる有権者=30日(AP=共同)

 【ワシントン共同】米紙ニューヨーク・タイムズ電子版は30日、米国で28日までの1週間に確認された新型コロナウイルス感染者が52万人に上り、再拡大が深刻化していると独自集計を基に報じた。1日当たりの新規感染者が8万人を超える日が相次ぎ、30日には9万8千人以上と過去最多を更新した。

 米国の1日当たりの新規感染者は4月に3万人ほどでピークとなり一度減少。その後、7月に7万人に上り再びピークとなったが、9月には4万人前後で推移していた。冬が近づき「第3波」(米メディア)の到来を印象付けた。同紙の独自集計では、今月29日に累計の感染者が900万人を超えた。

(共同通信社)
>> もっとくわしく読む