2月、神奈川県逗子市で女子生徒が巻き込まれた斜面崩落事故の現場

 神奈川県逗子市で2月、マンション敷地内の斜面が崩れ、隣接した道路を歩いていた県立高校の女子生徒=当時(18)=が土砂に埋もれ死亡した事故で、前日にマンションの管理人が斜面に亀裂を見つけ、管理会社に連絡していたことが31日、分かった。事故後、管理会社から連絡を受けた県横須賀土木事務所が明らかにした。

 土木事務所によると、事故前日の2月4日、管理会社から現場斜面の調査日程を問い合わせる電話があった。その際に亀裂の報告はなく、事故後の同10日になって同社から「4日に管理人が斜面の上部に亀裂があるのを見つけた」と説明を受けたという。

(共同通信社)
>> もっとくわしく読む