経膣採卵作業を行う小比類巻代表取締役。牛の卵巣まで長い針を入れ、卵子を取り出す
OPU-IVF技術と割球分離法を使って生まれた一卵性双子の子牛=2019年12月(小比類巻家畜診療サービス提供)

 和牛受精卵の販売などを手掛ける小比類巻家畜診療サービス(青森県東北町、小比類巻正幸代表取締役)が、国内屈指の種雄牛「安福久(やすふくひさ)」を父に持つ一卵性双子の生産に成功し、今月県内市場で取引された。母牛への負担の少ない経膣採卵・体外受精(OPU-IVF)技術と「2細胞割球分離法」を用いた生産で、黒毛和種の繁殖雌牛減少といった課題の解決につながると期待されている。

ここから先は、東奥日報本紙の定期購読者しかご覧になれません。定期購読者の方は「東奥ウェブ読者くらぶ」に登録して下さい。登録は「東奥日報デジタルポート」から