青い森紅サーモンを使ったすしなどを試食する料理関係者
青い森紅サーモンを使ったすしやフライ

 青森県産業技術センター内水面研究所(十和田市)が開発した大型ニジマス「青い森紅(くれない)サーモン」の11月7日のデビューを前に、県は30日、県調理師会所属の料理関係者や報道関係者向けの試食会を青森市の「回転鮨処あすか青森西バイパス店」で開いた。青い森紅サーモンを使ったメニュー8品を提供し、好評だった。

ここから先は、東奥日報本紙の定期購読者しかご覧になれません。定期購読者の方は「東奥ウェブ読者くらぶ」に登録して下さい。登録は「東奥日報デジタルポート」から