サンリオは30日、2021年3月期の連結業績予想を発表し、純損益が46億円の赤字(前期は1億円の黒字)となる見通しを示した。通期の赤字は09年3月期以来、12年ぶり。新型コロナウイルスの影響で、東京都と大分県の二つのテーマパークを休園したことが響く。再開後も入園者数を制限するなどしていることも打撃となる。

 テーマパークは「サンリオピューロランド」(東京都多摩市)と「サンリオキャラクターパークハーモニーランド」(大分県日出町)。20年4月〜21年3月末の入園者数は、前年同期と比べてピューロが約7割減、ハーモニーが約5割減となる見込みという。

(共同通信社)
>> もっとくわしく読む