松の湯交流館前に展示されているハロウィーン仕様のねぷた絵。山谷さんはゾンビを迫力満点に仕上げた

 31日のハロウィーンに合わせ、青森県黒石市中町の松の湯交流館前に30日、ハロウィーン仕様のねぷた絵3枚が登場した。実際のねぷた絵の技法を用いてさまざまな作風で描いており、道行く市民らの目を楽しませている。

東奥日報デジタルポートに入会されると記事全文がご覧になれます。