展示した写真を前に当時の状況を説明する今村庵主

 70年前、青森市に多くの犠牲と被害をもたらした青森空襲の写真展が1日、青森市本町2丁目の青森まちかど歴史の庵「奏海」で始まった。テーマは「禁じられた避難と防空法」。戦意高揚を求めた法律「防空法」が被害を大きくした実態を浮かび上がらせている。

東奥ウェブ読者くらぶに入会されると記事全文がご覧になれます。東奥ご愛読者限定サービス(ご購読者登録無料)