財務省が29日発表した貿易統計によると、取引が本格化した2020年産国産リンゴの9月の輸出量は前年同月比46%減の918トン、金額は同40%減の3億9400万円だった。南半球産のリンゴが残る台湾で引き合いが弱まったほか、青森県内でトキの早もぎが抑制され出荷量が減少し、低調な滑り出しとなった。

ここから先は、東奥日報本紙の定期購読者しかご覧になれません。定期購読者の方は「東奥ウェブ読者くらぶ」に登録して下さい。登録は「東奥日報デジタルポート」から