今秋から本格稼働したごしょつがる農協の精米施設

 ごしょつがる農協(本店・青森県五所川原市)が同市梅田に建設を進めていたコメの精米、貯蔵など3施設が完成し、今秋から本格稼働を始めた。同農協はこれまで県外の業者に委託していた輸出向けの精米、真空パック処理を自前で行い、流通コストの削減を図る。

ここから先は、東奥日報本紙の定期購読者しかご覧になれません。定期購読者の方は「東奥ウェブ読者くらぶ」に登録して下さい。登録は「東奥日報デジタルポート」から