大漁旗をたなびかせ、到着した「大函丸」に手を振る生徒たち

 青森県大間町の大間中1年生21人が29日、大間-函館を結ぶ津軽海峡フェリー「大函丸」の乗客を、大漁旗をたなびかせて出迎えた。同町の旅行会社Yプロジェクト代表の島康子さんが講師役となり、生徒が地元を盛り上げる役割を体験した。

東奥日報デジタルポートに入会されると記事全文がご覧になれます。