生徒たちに向け講演する青木さん

 東京県人会などが主催する「高校生のための講演会」が29日、六ケ所村の六ケ所高校で開かれた。元高校教諭で作家の青木裕次さん(69)=青森市出身=が「大切なこと」をテーマに講演し、全校生徒約150人に「想像力を働かせることをやめないで」と呼び掛けた。

ここから先は、東奥日報本紙の定期購読者しかご覧になれません。定期購読者の方は「東奥ウェブ読者くらぶ」に登録して下さい。登録は「東奥日報デジタルポート」から