実習船「青森丸」から下船する八戸水産高校の生徒ら=29日

 青森県八戸市の八戸水産高校の実習船「青森丸」(660トン)が28日、日本の東部海域での長期航海実習から八戸港に帰港した。29日、帰港式が行われ、多くの保護者が出迎える中、生徒らは約2カ月の実習を通して一回り成長した姿を見せた。

ここから先は、東奥日報本紙の定期購読者しかご覧になれません。定期購読者の方は「東奥ウェブ読者くらぶ」に登録して下さい。登録は「東奥日報デジタルポート」から