職員1人の感染が確認された平川市の三笠ケアセンター。職員は検査結果を待ちながら、介護業務を続ける

 新型コロナウイルス感染拡大で、青森県弘前保健所管内の介護施設は、強い緊張感と不安を抱えながら運営を続けている。感染者が発生した施設は、全体の検査結果が出ていない状況で、重度化のリスクがある高齢者の介護に当たる。子どもを保育園に預けられず、仕事を休まざるを得ない職員もいる。他の施設は「感染は、人ごとではない」「危機が身近に迫っている」と、感染者発生時の具体的な対応策を検討している。

東奥日報デジタルポートに入会されると記事全文がご覧になれます。