日本銀行青森支店は1日、最近の経済指標を基にした県内金融経済概況を発表した。県内の景気は「緩やかに持ち直している」という基調判断は据え置いた一方、生産や住宅投資、雇用に加えて、個人消費の一部に明るい動きがみられていることから、同支店は「今年3月以降に加えていた『一部に弱めの動きがみられている』との表現を削除し、(景気判断を)半歩前進させた」と説明した。

東奥ウェブ読者くらぶに入会されると記事全文がご覧になれます。東奥ご愛読者限定サービス(ご購読者登録無料)