旧南部鉄道で使われていた機関車「DC351」(五戸町役場提供)
会見で機関車の「里帰り」に期待感をにじませる若宮町長=28日午前、五戸町役場

 青森県五戸町は28日、町と八戸市を結ぶ旧南部鉄道で使われたディーゼル機関車「DC351」について、所有する宮津海陸運輸(京都)に要望していた無償譲渡の優先団体に選ばれたことを明らかにした。同日、町役場で若宮佳一町長が会見を開き、早ければ来年11月ごろをめどに移送・設置するとの見通しを示した。

ここから先は、東奥日報本紙の定期購読者しかご覧になれません。定期購読者の方は「東奥ウェブ読者くらぶ」に登録して下さい。登録は「東奥日報デジタルポート」から