岩木山を背景に、アカマツの雪吊りをする作業員ら
弘前公園など特定の場所でしか使われないデザインの「頭飾り」

 降雪期を控え、青森県弘前市の藤田記念庭園で雪の重みから木々の枝を守る雪吊(つ)りの作業が行われている。28日は好天の下、市みどりの協会のメンバー6人が同庭園高台部にある高さ約9メートルのアカマツにロープを掛け、丁寧に作業を進めた。

東奥日報デジタルポートに入会されると記事全文がご覧になれます。