青森県鯵ケ沢町教育委員会は27日、28日から11月8日まで、新型コロナウイルス対策のため、町内の2小学校・1中学校全てを臨時休校とすることを決めた。

 同町では、同居の職員を含め町職員5人が感染。このうち2人は検査で一度陰性だったが、接触者として自宅待機中に陽性となったことから、町内で感染拡大が懸念されている。

 町教委学校教育課によると、臨時休校中、放課後児童クラブは開設。各校は授業の遅れをできるだけ食い止めるため、児童生徒に宿題を出す。阿彦正弘教育長は取材に「町内の児童生徒から感染者が出ないよう、各家庭で気をつけて生活してほしい」と話した。

 町は27日、新型コロナウイルス感染症対策本部会議を開催。町主催のイベント・会議などについて、31日まで中止としていたが、11月8日まで延長することも決めた。