社会福祉法人嶽暘会(がくようかい)は27日、同法人が運営する青森県弘前市の認知症対応型「グループホームパインの街」の入居者1人が新型コロナウイルスに感染したとホームページで発表した。

 入居者に微熱、せき症状があったため26日、抗原検査を実施し、陽性反応が出た。入居者は市内の病院に入院している。27日時点で、他の入居者や職員に体調不良者はいない。

 同施設にはPCR検査の結果を待っている介護職員1人がおり、同法人は、職員から入居者へ感染した可能性があるとみている。この職員は、クラスターが発生した市内の飲食店「シャモン」で感染した人と、間接的に接点があった可能性があるという。職員は自宅で待機している。

 この施設は、2ユニット(1ユニット9人)で構成し、各建物は独立。1ユニットに職員7人が働いている。敷地内にはデイサービスがあるが、「サービス利用者が、グループホーム入居者や職員と接触する機会がないため、安全の確保はできている」としている。