水耕栽培1作目のメロンを試食する参加者

 青森県つがる市が本年度からスタートさせたメロン水耕栽培実証試験の報告会が27日、同市の柏ガラス温室で開かれ、7月31日から栽培した1作目のメロンの収穫や試食が行われた。参加者たちは一様に「甘い、おいしい」と順調な生育、味に手応えを語った。2作目は11月中旬に栽培開始の予定で、日照不足が大きな課題の冬場における栽培技術確立を目指す。

ここから先は、東奥日報本紙の定期購読者しかご覧になれません。定期購読者の方は「東奥ウェブ読者くらぶ」に登録して下さい。登録は「東奥日報デジタルポート」から