ヤマ・ソーヴィニオンを収穫する高長根さん

 青森県八戸市南郷地区で、「八戸ワイン」の原料となるブドウの収穫が行われている。27日も生産者が紫黒色のブドウを摘み取り、糖度や味を確かめていた。

ここから先は、東奥日報本紙の定期購読者しかご覧になれません。定期購読者の方は「東奥ウェブ読者くらぶ」に登録して下さい。登録は「東奥日報デジタルポート」から