自分たちが作った横断幕を掲げ、大きく手を振って出発機を見送る莨町小児童
整備士の案内でボーイング767型機のエンジンを見学する児童

 青森市の莨町(たばこまち)小学校の6年生が26日、自分たちが心を込めて作った横断幕を青森空港の駐機場で掲げ、羽田空港に向け出発する日本航空機を見送った。新型コロナウイルス対策に取り組みながら、最前線で働く人たちに感謝の気持ちを表す県の取り組み「あおもりオベーション」の一環。子どもたちは横断幕を贈ったご褒美として、普段は間近に見られない飛行機を見学し、大喜びだった。

ここから先は、東奥日報本紙の定期購読者しかご覧になれません。定期購読者の方は「東奥ウェブ読者くらぶ」に登録して下さい。登録は「東奥日報デジタルポート」から