弘前市の弘愛会病院に入るDMAT関係者ら=26日午後2時半ごろ

 新型コロナウイルスの院内感染が確認された青森県弘前市の弘愛会病院で26日、災害派遣医療チーム(DMAT)が活動を始めた。県によると、厚生労働省派遣の県外の2人と、県内2医療機関からの6人が活動しており、院内感染の拡大を防ぐため、患者と職員の関わり、施設の状況などを調べた上で同病院の支援に当たるという。

ここから先は、東奥日報本紙の定期購読者しかご覧になれません。定期購読者の方は「東奥ウェブ読者くらぶ」に登録して下さい。登録は「東奥日報デジタルポート」から