大きなマイタケを切り取り笑顔を見せる敏さん

 青森市浪岡樽沢村元の畑にある樹齢90年以上の栗の木の下で19日、栗拾いをしていた同市の田中敏(つとむ)さん(83)が直径30センチほどに育った大ぶりのマイタケを見つけた。70年近くこの土地を手入れしているという田中さんは「今までこの土地にマイタケが生えたことはなく、見たことがない大きさだ」と驚く。

東奥日報デジタルポートに入会されると記事全文がご覧になれます。