バレーボールで日本一を目指そうと、今春、東京都の名門・下北沢成徳高校に進学。三沢市立堀口中学校出身の根岸美波さん(15)は入学前からチームに合流し、早速長野県などでの合宿に参加した。

 周囲から「地獄」と言われ、少しおびえたと言うが、練習量をはじめハードトレーニングで有名な同校の合宿に耐え抜いた。寂しくて家族の夢を見ることもある一方、「日本一を目指してここに来た」との強い思いが、心の支えだ。

 「バレーは高校卒業後も続けたいと思うので、将来につながる3年間にしたい」と新生活に胸を高鳴らせている。