日本原子力研究開発機構は30日、六ケ所村の国際核融合エネルギー研究センターで進めている核融合原型炉の材料開発に必要な加速器試験について、2017年5月を予定していた試験期限を2019年末まで延長する方向で欧州側と検討していることを明らかにした。

東奥ウェブ読者くらぶに入会されると記事全文がご覧になれます。東奥ご愛読者限定サービス(ご購読者登録無料)