澤田社長(右)に調査結果を報告する森田さん

 津軽鉄道(本社青森県五所川原市)は車窓風景の動画をユーチューブで配信し、乗車気分を味わってもらい、できれば「運賃」として寄付を呼び掛ける企画「仮想乗車~今日の津軽鉄道~」を4月から行っている。東海大学観光学部4年の森田浩一さん(31)=神奈川県在住=はこの企画に「物ではなく雰囲気を売る珍しい取り組み」と興味を持ち、寄付者を対象に意識調査を行った。現在、調査内容を分析中で、さらに研究を進め、論文を執筆するという。

ここから先は、東奥日報本紙の定期購読者しかご覧になれません。定期購読者の方は「東奥ウェブ読者くらぶ」に登録して下さい。登録は「東奥日報デジタルポート」から