青い海が広がる「みちのく潮風トレイル」を散策する参加者

 青森県八戸市の潮風アウトドアガイド協会(関下斉理事長)は17日、同市の三陸復興国立公園・種差海岸沿いの自然歩道「みちのく潮風トレイル」を歩くトレッキングイベントを開いた。市内外から親子連れら15人が参加し、初夏の花々を観察しながら、蕪島から葦毛崎展望台までを散策した。

東奥ウェブ読者くらぶに入会されると記事全文がご覧になれます。東奥ご愛読者限定サービス(ご購読者登録無料)