青森県は26日、弘前市の飲食店で発生した新型コロナウイルスの感染者集団(クラスター)関連の感染拡大を受け、今後、感染経路が特定できない「市中感染」が大きく広がった場合、休業要請や、外出や県境を越えた移動自粛要請など、県民生活を厳しく制約する措置を講じなければならない-との考えを県危機対策本部会議で示した。

東奥日報デジタルポートに入会されると記事全文がご覧になれます。