弘前市内のホテルの客室。新型コロナ感染拡大の影響で、宿泊のキャンセルが急増している=25日

 弘前保健所管内で新型コロナウイルスの感染が急速に広がった影響で、青森県弘前市内のホテルや旅館で宿泊予約のキャンセルが相次いでいる。春にコロナ禍で落ち込んだ宿泊需要は、国の観光支援事業「Go To トラベル」などの効果で9月以降は持ち直しの動きがあったものの、一転して再び苦境に。事業者らは「経営に大打撃」と頭を抱えている。

東奥日報デジタルポートに入会されると記事全文がご覧になれます。