青森県と秋田県でスーパーマーケット、ドラッグストア21店を展開する「紅屋商事」(本社青森市、秦勝重代表取締役)が商品納入業者への支払いの際、消費税の1円未満の端数を切り捨てたのは消費税転嫁法違反(買いたたき)に当たるとして、公正取引委員会は20日、同社に対し、納入業者約270社に未払い分約2億3千万円を支払うよう勧告した。対象は2014年4月〜18年3月の取引。公取委によると、同法違反の勧告額としては過去最高で、スーパーへの勧告は初めて。

東奥ウェブ読者くらぶに入会されると記事全文がご覧になれます。東奥ご愛読者限定サービス(ご購読者登録無料)