「母子」のモニュメントを前に立つ関係者。右から玉岡さん、高橋理事長、岡田館長、山本ミノアートディレクター

 青森市出身の農民画家・常田健(つねだけん)(1910~2000年)の生誕110年を記念するイベントが24日、同市浪岡の「常田健 土蔵のアトリエ美術館」(岡田文(ふみ)館長)で行われた。式典の中で、同館を運営する常田健記念財団の高橋美智子理事長は巡回展を22年にフランスで計画していることを明らかにした。

ここから先は、東奥日報本紙の定期購読者しかご覧になれません。定期購読者の方は「東奥ウェブ読者くらぶ」に登録して下さい。登録は「東奥日報デジタルポート」から