家族や自然などを写した作品が並ぶ県高校総合文化祭・写真部門の展示=23日、八戸市水産会館

 「繋ぐ~この瞬間(とき)を未来へ~」をテーマに、青森県内高校の文化部による「第41回県高校総合文化祭」の主会期が23日、八戸市で開幕した。25日までの3日間、同市などを会場に12部門を行う。新型コロナウイルスの感染防止対策のため、弁論、国際理解、将棋、郷土芸能、日本音楽部門は一般公開なしで実施する。

ここから先は、東奥日報本紙の定期購読者しかご覧になれません。定期購読者の方は「東奥ウェブ読者くらぶ」に登録して下さい。登録は「東奥日報デジタルポート」から