青北の生徒たちの前で荒馬踊りを披露する今別校舎の生徒たち
今別校舎の生徒(右)から太鼓を教わる青北の生徒

 青森県今別町の青森北高校今別校舎は23日、同校に青森市の青森北高校の生徒15人を招き、初の交流会を行った。今別校舎が来年度末で閉校するのに伴う思い出づくりの一環。今別校舎の生徒らが同町の伝統芸能「荒馬踊り」を披露し、青北の生徒に囃子(はやし)を教えるなどして親睦を深めた。

ここから先は、東奥日報本紙の定期購読者しかご覧になれません。定期購読者の方は「東奥ウェブ読者くらぶ」に登録して下さい。登録は「東奥日報デジタルポート」から