西村康稔経済再生担当相は23日、初詣や帰省による大幅な人出増加を回避するため、来年1月11日まで年末年始の休暇を延長するなどの措置を取るよう企業に要請する考えを示した。

(共同通信社)