カブスのダルビッシュ有投手(ゲッティ=共同)

 【アーリントン共同】米大リーグ選手会は22日、選手間投票により最も活躍した投手を選出する「アウトスタンディング・ピッチャー」を発表し、ナ・リーグで最終候補3人の中に入っていたカブスのダルビッシュ有投手の日本選手初受賞はならなかった。リーグで防御率1位だったレッズの先発右腕バウアーが選出された。

 ダルビッシュは今季、12試合でリーグ最多の8勝(3敗)、同2位の防御率2・01、同4位タイの93奪三振の好成績をマーク。記者投票で決まるサイ・ヤング賞(最優秀投手賞)の有力候補にも挙がっている。

(共同通信社)