休業を知らせる張り紙を店先から剥がし、営業時間の短縮を知らせる張り紙に書き換える飲食店の店主=22日午後1時ごろ

 新型コロナウイルス感染者の急増を受け、青森県弘前市が打ち出した市内全飲食店への休業協力依頼は、開始から3日目の22日、大きく方向転換した。休業を余儀なくされていた飲食店の中には、慌ただしく営業再開へ準備を始める動きも。「少しでも営業できるなら助かる」と安堵(あんど)の声が聞かれた一方、方針を覆した市に「振り回さないで」と不満も漏れた。

ここから先は、東奥日報本紙の定期購読者しかご覧になれません。定期購読者の方は「東奥ウェブ読者くらぶ」に登録して下さい。登録は「東奥日報デジタルポート」から