青森県弘前市は22日、新型コロナウイルスの感染拡大防止策として市内全飲食店に出した休業依頼を緩和し、時間短縮して営業した場合も協力金20万円を支払うと発表した。スナック、ナイトクラブなど接待を伴う飲食店のみ引き続き31日までの休業を求める。国や県との協議の結果、全飲食店の休業は市民生活への影響があまりに大きいと判断した。