クラスターが発生した「スナック シャモン」(写真右)と「クラブ 縷・シャモン」(同左)

 新型コロナウイルスのクラスター(感染者集団)が発生した青森県弘前市鍛冶町の接待を伴う飲食店「クラブ 縷(ル)・シャモン」「スナック シャモン」。店での感染の可能性がある10月上旬に利用した複数の客が、21日までに東奥日報の電話取材に応じ、女性従業員がマスクやフェースシールドを着けずに接客していた-などと証言した。一方、体調不良の従業員がいると相談していた店側への弘前保健所の対応や、PCR検査が受けられないことに対する憤りを口にした。

ここから先は、東奥日報本紙の定期購読者しかご覧になれません。定期購読者の方は「東奥ウェブ読者くらぶ」に登録して下さい。登録は「東奥日報デジタルポート」から