木村さんの油彩画「残雪」
石橋さんの日本画「残月」
秋庭さんの写真「水の洗礼」(3枚組みのうちの1枚)

 第61回青森県美術展覧会「県展2020」(県文化振興会議主催)が22日から、青森市の東奥日報新町ビル3階New’sホールで開かれる。審査の結果、グランプリには平川市の木村精一さん(65)の油彩画「残雪」、鶴田町の秋庭隆貢(りゅうこう)さん(64)の写真「水の洗礼」、八戸市の石橋直樹さん(66)の日本画「残月」の3作品が選ばれた。

 応募点数は絵画(油彩画、水彩画、版画、日本画、水墨画、切り絵など)103点、写真46点、書道42点、彫刻2点、工芸11点の計204点で、昨年より4点増えた。204点すべてが入選し、グランプリのほか特選7点、優秀賞11点、奨励賞25点が選ばれた。キッズ・ジュニア部門には書道146点、絵画・版画58点の応募があり、計8点が入賞した。

 同展は26日まで。今回は会期を前後期に分けず、全部門を一度に展示する。一般は招待・賛助出品を加えた258点、キッズ・ジュニアは入賞・入選作品計63点が並ぶ。入場無料。

 上位入賞者は次の通り。

 ◇特選
▽油彩画=奈良岡留美子(青森)▽水彩画=今寿彰(同)▽版画=木村順司(同)▽写真=館山昇(同)▽書道=小笠原素心(八戸)、櫻庭睦香(青森)▽工芸=横井充子(おいらせ)

 ◇優秀賞
▽油彩画=齋藤利信(むつ)、田中美江子(弘前)、吉沢せつえ(同)▽版画=川崎修(同)▽日本画=樽澤あや子(同)▽切り絵=佐々木幸雄(同)▽写真=鹿内秀雄(青森)、山村文雄(同)▽書道=葛西樂川(板柳)、駒井ヨシ子(三沢)▽彫刻=高屋章吾(青森)

 ◇キッズ・ジュニア部門入賞
▽書道=一戸楓羽(五所川原一中3)、千葉光莉(板柳南小2)、須藤花凛(弘前・時敏小6)、倉間唯(田子小1)▽絵画・版画=津川海惺(青森・北小1)、永澤仁菜(同・浜館小5)、金野貴天(同・原別小3)、細川詩乃(同・大野小4)